胤舜に敗北し、無様な逃走という自らへの敗北もしてしまった武蔵。師は山だという武蔵が山中で修行を続け、己を見出していきます。
崖のシーンは司馬遼太郎の宮本武蔵でも印象的でした。

Sponsored Links

個人的には上泉伊勢守秀綱の登場も嬉しい巻です。
「我が剣は 天地とひとつ──故に剣は無くともよいのです」
という言葉には圧倒されます。
胤栄の親心とも言える師匠としての心境も垣間見えます。

Sponsored Links