image

アニメを先に見て、興味を持って原作を読んでみた。
設定が実際にはあり得ないような、しかし紙一重で
描写にも一定のリアリティがある為非常に面白い。
アニメも丁寧に作られていたのだなという印象を持った。

Sponsored Links

郁の口調がもっと実はひどくて、しかもそれは筆者の地だったとか
出てくるラノベはキノであったとか
そうした裏話的なことも面白かった。
また、解説にあたる対談で、小説の書き方を演劇のエチュードと表現していたことも
面白かったし確かに似ているかもしれないと思わされた。

有川先生はこんなライトな感じの小説も書く方なのだなと自分は驚いたが
コンセプトが月9ときいてこれまた納得。

先日のドラマ空飛ぶ広報室も面白かったが、元々
こういったドラマにもっていけるベタな恋愛と
リアリティのある現実を書ける能力のある方だったのだなと思った。
広報室も原作は未読なので、読んでみたい。

Sponsored Links