女性向けの本です。
非常にシンプルで真似できそうなことばかりなので
参考になると思います。

Sponsored Links

意外に自分で知らずに実践していたことや、
今一歩押し進めたら良いことなどが書かれていて
なるほどと思いました。

ゆっくり動くことや
できなかったと自己不信にならないよう無理のない目標として
一日ひとつをまず七日間続けてみること、
10分間だけと決めて思い切り悩んでみるなど
具体的でとても興味深いです。

気持ちが乱れてしまったときでも、
自分なりのレスキューグッズを用意しておくというのも面白いです。
水を飲んだり好きな香り、本や音楽をきくことなどにより、
乱れないだけでなく乱れてもリカバリーできるというが
確かに大事です。

自分はヨガをしているのですが、そこでも
あるがままを受け入れるというのをよく言われます。
ポーズができないことは問題ではなく、できなかった自分を見つめる。
受け入れ、なぜできなかったのか考えるという感じです。

本は魂の糧という言葉を読んで、自分はこのあたりで
事情に今まで助けられてきたなと改めて思いました。

こうしようと意識する、自分を認めること
余裕をもつこと、経験をしていればそれがしやすくなる。

嫌なことがあるとついていない!と思うのではなくて
腸内にたとえて悪玉菌も1割は必要というのも
実際嫌なことに刺激を受けることもありますし納得です。

いい人、明るい人、人の気やオーラという一見漠然としたものも、
自律神経が整っている人がそうである、と言われると
そうなりたいと思うならやるべきこともシンプルに見えてきます。

水を飲む、息を吐く、テーブルを観察するなど
本当にシンプルルールで良いです。

明日の自分をデモンストレーションというのはやっていましたが、
七日分にしてみたことはなかった気がします。
イメージトレーニングがどうも違う気がしていたのは
スポーツマン的なやり方をしていたからかもしれないと思いました。
改めて日々に活かしていきたいと思います。

2017.2.14

Sponsored Links