""” rel=”noopener noreferrer”> []
山田涼介 (出演), 村上虹郎 (出演), 廣木隆一 (監督)

Sponsored Links

2012年。幼馴染の敦也、翔太、幸平の3人は、ある日夜を明かすため1軒の廃屋に忍び込む。そこはかつて悩み相談を受けることで知られていた「ナミヤ雑貨店」だった。今はもう廃業しており、自分たち以外誰もいないはずの店内に、突然シャッターの郵便口から手紙が落ちてくる。なんとその手紙は32年前に書かれた悩み相談だった。敦也たちは戸惑いながらも、当時の店主・浪矢雄治に代わって返事を書く――。
彼らの回答で人生が変わっていく相談者たち。次第に明らかになっていく雑貨店の秘密と、相談者たちと敦也たちの共通点。彼らがこの雑貨店に忍び込んだのは偶然ではなかったのか――?
そして、敦也たちがある人物からの”最後の手紙”を受け取ったとき、彼らの運命が大きく動きだす――。
全ての繋がりの謎が明らかになる時、思いもよらない驚きと感動のラストが待ち受ける。

https://amzn.to/2Mdeyvp

最初に舞台を見て、その後小説を読んだ。
舞台では「夜明けにハーモニカ」「シビックで朝まで」「空の上から祈りを」の3編を中心にして
「回答は牛乳箱に」と「黙禱はビートルズで」をカット。
わかりやすくテンポが良く、ベタな感動物語も
目の前で迫真の演技をしてもらえることで引き込まれた。

小説も面白く読み、舞台になかったものを補完できた。

多分最初に映画を見ていたら感想もまた違ったと思うのだが
テンポがあまり 良く なく冗長に感じ、
中々物語に入り込めないところが多く、
入り込めないままのベタ展開に冷めた気分になってしまった。

役者陣は大変豪華で良いと思う。

Sponsored Links