ちょっと今から仕事やめてくる 通常版 [DVD]
(出演), 工藤阿須加 (出演), 成島出 (監督)

Sponsored Links

すべての働く人たちに贈る感動の物語。ブラック企業で働く青山隆は、仕事のノルマが厳しく精神的に追い詰められていた。駅のホームで意識を失い、電車に跳ねられそうになってしまうが、幼馴染みのヤマモトと名乗る男に救われる。青山には彼の記憶がまったく無かった。ヤマモトと出会ってからというもの仕事の成績も次第に上がってゆく。ヤマモトについて調べると、3年前に自殺していたことが判明する。あの男は一体何者なのか…。

https://amzn.to/39tRgvc

原作未読。

ブラック企業の描写は見ていて辛いものがある。
そんな目に遭っていて何故逃げ出さないのかと
冷静な状態では思えるが、中にいる時には見えない。
助けてくれる誰か、そしてその声に耳を傾ける余裕も必要だ。

福士蒼汰さんの関西弁はちょっと新鮮。
大阪っぽくないが、明るい感じは出ていてとても良い。

話の構成と雰囲気がとても良かった。

少し不思議で、でも奇跡なんかではない
人が己や他人を思う力で良いことも悪いことも起きている。
温かく最後には明るい爽やかな気持ちになれる映画だ。

今つらい思いをしている人が、なにかのきっかけを
得られたら良いなと思う。

以降ネタバレあり。


小学校の同級生から、
勘違いだったが折角友達になれたからに変わり
更に幽霊という前フリを入れてからの
双子という現実的なラストに落としてくれた展開が
秀逸であり納得もできるものだった。

黒木華ちゃん演じる先輩も、理由が
陥れてやろうとか奪ってやろうとかいうのではなく
後輩が成績が上がれば自分のノルマも上がってしまい
とても耐えられないから、というのが
はっとしたし切なく、彼女も決断できれば良いのだが
と思った。

残念なことに昨今の日本の企業は
大体がブラック企業なので、
ここまでではなくても大なり小なりパワハラに遭い
悩み、辞めようかと悩み、仕事に行きたくないと思う経験は
殆どの人がしていることだろう。
誰の言葉も届かないこともあるし、
なにかの拍子にふと届くこともある。
急に思いもよらなかったことが起きて事態が変わることもある。

青山は両親が理解のある人のようだし
これから強く明るく生きていけると思う。
明日のことを笑顔で考えることができる、
そんな小さな希望が人生には必要なのだと思う。


Sponsored Links