() (日本語) 単行本(ソフトカバー) – 2011/9/7
西尾 維新 (著), 碧 風羽 (イラスト)

Sponsored Links

好みが分かれる作品かもしれません。
自分は面白かったです。
面白かった、と言い切るのもなんだか違う気はしますが。

日常の中に淡々と滑り込んでくる、日常から少しずれた異質な、それでいて全くありえない、理解できないとも言い切れない恐ろしい出来事が
気持ち悪くずっと背中をカッターで引っかかれているような気持ち悪さです。
先生らしい筆致に引き込まれましたし、もしかして私小説なのかな?と一瞬思ってしまう書き草も面白く
一気に読んでしまいました。

文章が回りくどいとか、意味がわからない、気持ち悪いのでつまらない、という感想を持つ人がいるのも分かる内容です。

ラストが不要という意見も頷けるものがあります。
確かに蛇足というか、そこまでの奇妙な気持ち悪さが台無しになる気もしましたが
これがあるからこそ日常に戻ってこられたような
それだけではないような、不思議な読後感でした。

Sponsored Links