内容を全く知らないまま見た。
感動系SFファンタジー。

Sponsored Links

設定に突っ込みどころはあるし、過去を変えようと何度もタイムリープを繰り返すというのは
ありがちのストーリーではある。
だがコミカルに笑わせるところは笑わせてくれて
惹きこまれて見られた。

特に福士蒼汰さんの演技が自然でとても良い。

花火という発案が、ミチルの為であり朔の為であり
今日子の為でもあるというのが、修太の優しさを感じられた。

大切な人を助ける為に自分を犠牲にして、というのが
『クロノス・ジョウンターの伝説』舞台版の『クロノス』の吹原を思い出した。
吹原程ではないにしろ、修太も自分の人生を失ってしまう。
どの程度まで失われたのか、どうやって暮らしているのか描写がないので
はっきりとはわからないが
それでも身をなげうってでも朔を、そしてミチルを助けたいという必死さには
やはりついつい感情移入をして見てしまう。

細かい設定は置いておいてもタイムプリズナーという存在は
興味深かった。
悲壮過ぎもせず、切ないながらも温かいストーリー。

2016.5.16

Sponsored Links