第六話 八軒、御影家に行く
第七話 八軒、ギガファームへ 収録。

Sponsored Links

隣家との距離、携帯の電波、いろんなカルチャーショックがある。
車に撥ねられた鹿など、都会人にとっては単なる動物の死骸で
気持ち悪いという対象だろうに、
「逃げてきた場所でまた逃げるのか」と自分を奮い立たせる八軒。

包丁を置いてしまう八軒に、御影のおじいちゃんが表情を変えるが
手を合わせて解体に向かう八軒の強さが凄い。

ギガファームを見学する八軒の心の動きも大切な描写。
牛の仔が生まれるときの「グロい」もリアルな感想で良い。

いろんなやり方があることを知り、
答えはひとつじゃないと悟る八軒。
ペットとして可愛がるのではなく、美味しい肉になるよう育てる御影のおじいちゃん。
愛情にもいろんな形があるということを学んでいく過程が
見ている側にも余分なものがなくすっと入ってくる。

2016.4.19

Sponsored Links