image 

赤字に喘ぐローカル線を、県から出向してきた副社長の鵜沢と
新幹線のカリスマアテンダントだった篠宮亜佐美が社長となり
立て直していくという物語。
二人の視点から交互にストーリーが展開していく。

Sponsored Links

県庁と民間のやり方、考え方の違いに苦しみつつ
双方の良い所をとって成長していくという点では『県庁の星』などの
話とも近いものがある。
ただ、それだけでは終わらず、経営を立て直す見事な手腕の中に
ミステリ要素が織り込まれている。

県庁職員の活躍ぶりは、筆者の小役人シリーズをちょっとだけ彷彿とさせる。
素人なのに探偵や警察ばりに活躍する副社長や
出す案出す案トントン拍子でなんだかんだで受け入れられる社長は
ちょっといかにもフィクションな感じがしないでもないし
地方のローカル線がアイディア次第で必ずしも人を呼び戻せるかと言うと
難しい気もする。
個人的には種明かし当たりはベタ過ぎ・やり過ぎな感じがした。
ただ、それでも読んでいて小気味良いし、前向きになれる話だと思う。
筆者の他の作品に比べてもエンターテイメント性が強く
シンプルであっさり読める作品。

Sponsored Links