タイトルだけは知っており、先にドラマを見ています。
そのせいもあってか、小説を読んでみて
ドラマのキャスティングはなかなかに良かったなと改めて思いました。
特に厄介君が紺藤さんと話しているときの芝居がかった口調など
岡田さんの声が聞こえてきてしまいました。
トラブルメーカーなのに憎めない隠館厄介君を素敵に演じてくださったなと思いますし、
忘却探偵で時には冷たく感じるような態度、でもキュートという掟上今日子さんに、新垣結衣さんもぴったりだったと思います。

Sponsored Links

探偵が出てきますが殺人事件は起こりませんし
ミステリーでありつつも平和な気持ちで読むことができるのも良いところ。
一日で記憶を失くす忘却探偵というぶっ飛んだ設定でありつつも
一定以上の説得力があり、キャラクターが魅力的です。
文体も西尾さんらしく、かつ物語シリーズよりとっつきやすくて
初めて西尾さん作品に触れるという方でも読みやすいのではないでしょうか。

事件簿として読むにはそれぞれの事件は物足りないかもしれませんが
忘却探偵というファクターがうまく使われていますし、
大御所作家のシリーズ本の謎は
もし実際にこうした本が出版されてそれに気がついたら、
ファンとしてはかなり感動するだろうなと想像しました。

続きも楽しみです。

Sponsored Links