一遍のみ、などできちんと一冊読んだことがなかったので
手に取ってみました。

Sponsored Links

詩の技巧的なところなどは正直あまり理解できておらず
雰囲気で読んでしまうのですが、
口語体で詩を書くということが画期的だったことや
32歳のときの自費出版であったなどの
時代背景ともあいまって、
孤独が淡々と綴られている感じが
胸に染みてくる感じがしました。

Sponsored Links