ミュージカル『刀剣乱舞』 ~真剣乱舞祭 2016~ [DVD]
黒羽麻璃央 (出演), 北園涼 (出演) 形式:

Sponsored Links

2016年12月に行われたミュージカル「 ~真剣乱舞祭 2016~」の東京公演の模様をDVD化。11振りの刀剣男士たちがストーリー仕立てのライブで華やかに舞い踊り、多くのファンを魅了したステージを収録。

https://amzn.to/36KGSwM

2018年の年末にニコニコ動画でやっていたのを初めて見ました。
ゲーム自体はずっとやってはいましたが
そこまでドハマリしているわけでもなく、
2.5は全く見たことがありませんでした。

正直に言えば、2.5と言ってもイケメンが出ているだけで
見ている人もイケメンであればそれでいいのかな
という偏見がありました。
実際そういうファンの人もいるようではありますが
実際に見てみて役者さんの役の作り込みに圧倒されてしまい
慌ててDVDを買い集めた次第です。
何度見ても飽きず、繰り返し見ています。

ニコ動で驚いたのが、役者さんもそうなのですが
ファンの方たちがみんなニコニコしていて楽しそうで、
掛け声なども所謂よく訓練された状態なことです。
見ていてすごいなと思いました。
もともとお芝居は好きで色々見ていたのですが
これをきっかけに2.5も見るようになりましたし
今まで知らなかった最近の役者さんを知れて
はまってとても良かったです。

ニコ動のコメントで目が足りないというコメントがたくさんありましたが
本当に目が足りなくて
演出も含めてサービス精神旺盛ですごいです。
真剣乱舞祭という形で今年一年の総括的に
ほぼ全員のキャストさんが出てくれるというのは
本当にお祭り騒ぎですし素敵なイベントですね。
公演に推しが出ていない審神者さんでも
らぶフェスには出るかもしれないという希望があるのが
素晴らしいです。

ニコ動で見たときは三条と新選組で
加州を取り合う意味がわかっていなかたので、
加州はどう考えても新選組なので三条が悪役なのかと思っていました。(苦笑)

緊迫したはじまり方から一点、
「気づいてたの僕だけ」という堀川が可愛く笑わせてくれます。

推しが近くにいるときの審神者のみなさんが
本当に目がきらきらしていてキュートです。

『きらきら』で慣れない感じで
いまつるちゃんと遊んでるみんなもかわいいです。

『名残月』で岩融と加州がハモっているのも綺麗。
佐藤さんが本当に安定して歌が上手いので
聴いていて安心できます。

「なんだかおれいつもの倍くらい疲れた気がするんだけど」
というちょっとメタな加州の台詞が笑えますし可愛いです。
思えばこの時からこんな出ずっぱりで、
単騎をやれる力は既に持っていたんですね。

「楽しかったからよいではないか」と三日月に言われて
「まあね。やっぱりみんなと一緒にいるのは楽しいよ」
という台詞が好きです。
だからこその
「おれの選ぶは違うんだ。全部選ぶ」
「物であり人であるおれは全部つなぐよ
おれは、おれは刀剣男士だ」
という台詞が生きてきます。
隊長加州清光、やっぱり恰好良いです。

特典映像も良かったです。
兼さんが裏で安定と虎徹が歌っている姿を見て
「いい顔してる」
「幕末のいいところは(元々)デュエットがあるところ」
と言っているのが、幕末組への愛が感じられました。

こんな広い会場でも客降りをして
そのために裏で走り回っているのもすごいです。

俳句勝負を見ている新選組3人が、
「年忘れ俺は忘れぬ歳さんを」という兼さんの俳句に
「あんただよ」と歳さんを冷やかしたり
歳さんは歳さんでガッツポーズを取って、
「これが言ってる いいやつだ」と言われて
和泉守兼定にキスしている姿も、仲の良さが伝わってきます。

義経と泰衡で
「阿津賀志山の刀剣男士たちが人が変わったように格好良くなって泣きそうになってた、泣いてた」
と言い合っているのも
初期からの付き合いならではの絆を感じます。

リハで流している姿が見られるのが好きです。
終わって新選組の三人が抱き合ってる姿も可愛かったです。

Sponsored Links