空飛ぶタイヤ(下) (講談社文庫) (日本語) 文庫 – 2009/9/15
池井戸 潤 (著)

Sponsored Links

事故原因の核心に関わる衝撃の事実を知り、組織ぐるみのリコール隠しの疑いを抱いた赤松。だが、決定的な証拠はない―。激しさを増すホープグループの妨害。赤松は真実を証明できるのか。社員、そして家族を守るために巨大企業相手に闘う男の姿を描いた、感動の傑作エンターテインメント小説。

https://amzn.to/37l0Zln

上巻に比べると、展開のスピード感などは失速した印象です。
登場人物が多く多少の物足りなさなどは感じました。

以降ネタバレあり。


折角ついた弁護士も正義の味方ではなく読んでいて苦しいです。
実際の横浜母子3人死傷事故では、三菱自工が欠陥を認めるまでの間
事故車両を運転していた運転手男性の自宅に対して「人殺し」などの中傷ビラが家の壁に貼られたり、無言電話などの嫌がらせが相次いだ上、男性が経営していた運送業は廃業しているという事実が恐ろしいです。

Sponsored Links