ここにきて千秋が色部・八海と出会い、彼らの行動についての片鱗が明かされる。
開崎が高耶を逃すなどしているけれど、自分としては小太郎に感情移入してしまうところ。

Sponsored Links

斯波英士のキャラクターについては突拍子もなさすぎて驚きつつも、
織田信長ならありえなくもない、と思わせてしまうところが織田信長なのかも。

2015.2.19

Sponsored Links