この辺りの話はアニメで見ていた時
一話一話が短く、一週間が長く感じはらはらしどおしだった。

Sponsored Links

ネタバレあり。

やっさんと溝口はこの時点ではどうにもムカついてしまうのだが
やっさんについては徐々にむっちゃんによって解きほぐされていく。

雰囲気が悪くなりそうな局面でも
「宇宙の話をしよう」と言えるむっちゃん。
それにみんながすんなりすぐに頷くわけではないが
確実にムードメーカーとしての役割を果たしている。

福田さんが時計を壊したところを見ていたのに
みんなの前で言わなかったむっちゃん。
福田さんにだけそっと言うが、福田さんは

理由に気づいたらそのときは握手でもしよう 」と応える。
この言葉は冷たく感じ、一時はどうなることかと思ったのだが
B班と違いむっちゃんはみんなを信じ続けたことで
グリーンカードであることに気が付くことが出来る。
「よかった!」
と福田さんに握手を求めに行くむっちゃんと、すぐに理解して
「ありがと!」
と手を差し出す福田さんの姿に胸が熱くなる。

あの時、「宇宙の話をしよう」と言ったむっちゃん。
みんなで宇宙の話をしながらうどんを捏ねる。
「ここにいたんだ 誘ったら喜んでついてきてくれそうな連中が」
というむっちゃんの言葉にじんとする。

2015.9.20

Sponsored Links