ネタバレあり。

Sponsored Links

自分は他のみんなに比べて、
宇宙飛行士になるべき人ではないのではないか
そう悩む六太に、シャロンらしい励ましの言葉。
「悩むならなってから悩みなさい」。
わかりやすく、悩む六太の視界をぱっと明るくしてくれる。
『シャロンはいつも俺の頭をほぐしてくれる』。
シャロンが本当に素敵で、お母さんのようでもある。

三次試験は完全閉鎖環境で行われる。
ここのエピソードはアニメで見ていた時もとても好きだった。
真面目なエピソードや、監視カメラかかつらかみたいなギャグエピソードなど
構成も見事で重さや軽さを引っ張りすぎずバランスが良くて
よく出来た芝居を目の前で見ている気持ちになる。

むっちゃんは本当に人のことをよく見ていて、
自分では気づかないのだろうけれど、それもひとつの才能である。

試験で同じA班に割り当てられる福田さんが実に魅力的なキャラで
リーダーとしての資質、和を重んじる穏やかな雰囲気、
聡明さ、年を感じさせない言動、色々な面で六太や他のメンバーに
影響を与える人だ。

私の夢は年をとっていない」という台詞にぐっとくる。

また、三次元蟻のエピソードも良かった。
全体的にむっちゃんは、考えていなさそうで
やっさんに突っ込まれつつも、ぽんと答えを投げてきてくれる。
むっちゃんはむっちゃんで、みんなの頭をほぐしてくれる人なのだ。

このエピソードでも、まっすぐ線を引いただけでひたすら考え続け
「抗議しない」という結論を出した。
試験の回答としては間違いだろう。
だが、見識が狭く理解できない、しようともしてくれない人に
心を砕いて理解してもらおうとするよりも、
宇宙に連れて行ってしまう方が確かに早いかもしれない。
そして、誰もが宇宙に行ける日々がまだまだ先だとしても
日々人がいる。日々人がいる月をみんなが見上げる。
説得力があり、
またJAXAの人たちをはじめとする人々の溜飲を下げる言葉だと思った。

2015.9.20

Sponsored Links